B-1グランプリってすごい人!一大イベントでした!

B−1グランプリ知っていますか?
今や一大イベントで地域の活性化にも一役買っていると言っても過言ではない、食フェスです!
そのイベントが先週末に近くで開催されるということで、家族で行ってきました!
東京や大阪など都心に出なくても電車で行ける範囲であったので家族全員で「これは行かなきゃ!」と意気込んで向かいました。

朝9時半からOPENなのですが、9時すぎから駅は大混雑。
広い公園で開催していたのですが、すごい人が集まっていました。
引き換えチケットを購入する場所も店舗も大行列。
どのように回るか、前日の夜から家族で念入りな打ち合わせをしててよかったー!
絶対食べたいものをピックアップして、それぞれ金券を持って並ぶ!並ぶ!並ぶ!!
中には入場制限をしているものもありました。
私の家族は行動を事前にシュミレーションしていたので、みんな自分のお目当てのものは購入でき、飲食スペースでシェアして食べることができました。

こういうイベントは大変ですが、朝イチから行くに限りますね!
昼過ぎには販売終了の店舗も多くありました。

若いグループからご年配、家族連れやカップルまで大盛り上がりのイベントでした。
楽しかった&ごちそうさまでした!

外国人がいまひとつ理解できない日本人の風習

「日本と海外とで人付き合いの違いみたいなものはある?」
 私はN・Hの話だけではイマイチピンと来ず、脳内では依然として日本人と欧米人の違いが曖昧模糊としている。
「向こうではまず、人と話をする時は一対一や少人数で話し込むことが多い。学校でも、大人数の生徒が教師一人の話を延々と腰を据えて聞くっていう風習もない。人同士が自分の意見をガンガンぶつけ合う。だから日本人が公共の場で、大人数で円陣を組んだり車座になって話している光景を目の当たりにすると不思議な光景に見えるって人も多いよ」
 私は昔を思い出した。無理してグループというものに属し、無理矢理話を合わせている時期があった。高校に進学してからも目立たない自分を意識した立ち回りはより顕著になり人の意見に飲まれる日々が社会に出てからも続いて行くのかと思うと憂鬱になっていた。なぜなら、どちらかと言えばN・Hの話を聞くまでは、自分の方が異端だと思っていたからだ。脱毛ラボ 料金 スピード

牛乳だけを買いにコンビニに行くことができるか?

歩いて何分もかからないようなコンビにでも、行くのが面倒くさいということがあったりします。
というより、コンビニに行くとついつい余計なものを買ってしまうので、できることならいく回数は減らしたいものです。
お菓子やドリンク、雑誌、そしておいしそうなにおいのするファストフードなど、お手軽な幸せの宝箱みたいなところです。
世の中には家から徒歩数分という距離に、こんなにも危険な存在が満ち溢れているのです。
昨日は、お風呂上りに牛乳を飲んだところ、ぴったり牛乳がなくなってしまいました。
朝飲む分がなくなってしまったので、今からコンビニに行って買うべきか、それとも朝の一杯の牛乳をあきらめるか…。
なかなか牛乳一本のためだけにコンビニに行くという決断をするのも躊躇われたのですが、結局、サンダルを履いて買い物に行くことにしました。
案の定、牛乳だけレジに持っていくのはなんだかな、と思ってしまい、パンやらお菓子を買ってしまったのは仕方ないことなのかもしれません。ミュゼ 同伴者

子供が優先で、次は自分、最後は旦那さん?

結婚してしばらくの間は夫婦2人暮らしだったのですが、2年後に長男が産まれその後長女が産まれ今は4人で過ごしています。子供がいない時は主人と洋服を一緒に買いに行っていましたが、最近は主人は自分で洋服を買い物して来ます。私の父親なんかは洋服に興味がなくて母親が毎朝洋服をコーディネイトして準備していたのですが、我が家はそのようなことはなく主人が自分の好みで洋服を準備しています。
子供たちが産まれてからはやっぱり子供たち中心の生活になり、洋服も子供のものを優先しがちです。最近、洗濯物をたたんでいて主人の下着がかなりくたびれているのに気づきました。一体いつから買ってないんだろう?というぐらい。子供たちの分はサイズアウトしたら新しいものを買っているので一番新しく、私の下着もそれほど新しいものではありませんが主人のものが一番古いのです。下着を見れば優先順位が分かります。ちゃんと新しい下着を買わないといけないなと反省しました。