歯医者さん通いの日々が始まりました。いつゴールがくるのでしょうか。

歯がかけました。虫歯です。
冷たい物を食べたり飲んだりすると少ししみるぐらいで、かけても痛くはないのですが、このままほっておくと、どんどんかけていき、歯を抜かないと治らない状況になるので、ものすごく嫌ですが、歯医者に行きました。
すごく行きたくなかったです。
小さい時に、歯の矯正をしていて、小学生の時から高校生の時までの時代を毎月のように歯医者に通い、矯正で歯は痛く、歯医者には嫌なイメージしかないのです。
頑張っていきました。朝から胃が痛くなるぐらい頑張っていきました。
受付は明るい内装で、受付の方は結構年齢はいっているのに小綺麗にしている風な方が対応してくれました。
歯医者さんで、初めてマスクをつけていない歯医者さんを見ました。顔を見て挨拶をしてくれ、少し印象は良くなりました。
レントゲンをとると、今回かけた虫歯以外にもあやしいものがいくつかあるという話で、直していきましょうという話をもらいました。
そしていよいよ今回かけた虫歯の治療です。
麻酔をかけて5分待ち、いよいよ削っていきます。
なんで、あんなに嫌な気持ちになるのでしょう。
削って、消毒をして、何をしているかわからない作業をされて、埋められて・・・本日は終了です。また一週間後にとのことで予約をしました。
そして感じたことは、やっぱり歯医者は嫌です。
何が嫌かって、今回かけたこの1本の歯の治療に何回通えば終わるのか不明な点、次回の予約した際には何をされるのか不明な点、他にあやしいって言った虫歯は何本あって、全部で何回通えば終わるのか全く不明な点が嫌です。
予定を考えて次回の予約や、その次の予約できそうな日を考えても、1回の治療は10分程度で、1回の時間はもう少しかかってもいいから、通う回数を減らして治療ってできないのかなぁと毎回思います。
最終のゴールが見えないことが不安で嫌な気持ちになります。
歯医者通い本当に嫌です。
憂鬱です。
何回通えば終わるのか明確にしてくれる歯医者さんてないのでしょうか。
次回は何をするか教えてくれる歯医者さんてないのでしょうか。
そんな歯医者さんに巡り合いたいです。
でも歯医者さんに行かないでよい歯になりたいです。

コロナのことや日独特などについて勉強した

コロナなどについて稽古しました。コロナは極希薄な大気ですが、コロナグラフという特別な装備やX線で測定されます。コロナの気温は約200万Kで、彩部類や灯球にくらべてはるかに高熱だ。このため、コロナの中では水素やヘリウムの原子が日光メインと同様にイオンと電子に電離していて、これらの粒子がスピードアップされ宇宙ブランクに流れ出してある。こんな粒子の流れを日光独特といいます。日光独特は、地球の磁気圏(地球磁場のアピール分野)に大きな影響を与えてある。日光独特は荷電粒子の流れで、その速度は300〜900km/sに達してある。日光外層を測定すると、黒点や大気の炸裂イベントなど日光のめざましい行為がわかります。日光の行為が盛んになると、地球にも各種アピールが現れます。灯球に伸びる黒点は、まわりの灯球にくらべて約1500〜2000Kほど気温が少なく、そのため黒く見えてある。このことを勉強して、知らないことを知れて良かったなと思いました。

コンビニエンスストアに行ったり担々麺を初めて食べました

夕暮れくらいに、買いたいものがあったので購入に行きました。スーパーマーケットに行った次に、コンビニエンスストアに行きました。コンビニエンスストアは、久しぶりに行きました。母乳とパンを買いました。母乳は、とあるデザートを出したかったので買いました。狭苦しい母乳を買いました。それと、パンとドーナツを買いました。ドーナツはカスタードとホイップが中にあるドーナツを買いました。コンビニで見たことがなかったので、今日販売されたものだと思いました。パンは、粒あんばんを買いました。しかも、5個入りで100円くらいだったので安いなと思って買いました。好ましい購入ができて良かったです。そして、帰ってきてから担々麺を作りました。鍋でできたので、タイミングが少し増えるのかなと思っていましたが、思っていたよりもそんなに手早くできて良かったです。担々麺は、暮しでいよいよ食べたのですが麺が美味しくて、フレーバーもさほどきつくはなかったので結構美味しかっただ。これ程、担々麺が美味しいものだとは思っていませんでした。